身近な人が亡くなった際に必ずと言っていい程直面する問題が遺品整理です。明らかに不必要なものであれば、不用品回収の会社に引き取ってもらうという選択肢もありますが、故人が生前特に大切にしていたものであったり処分するには惜しい品物である場合は手放すのにも決心が必要となります。そこでいつまでも故人との思い出に寄り添っていたいと考える人達で遺品を分ける風習を形見分けと言います。形見分けには行う時期やマナーなども存在するので、それに則った形で行うのがベストと言えます。まず行う時期としては亡くなってから30日から49日頃に行うのが一般的です。これは宗派によって違いがあり、仏式では四十九日の頃、神式では50日を過ぎた頃、キリスト教の場合には30日経過した頃、というのが習わしとされています。また、マナーとしては目上の人に贈らない、包装をしない、高価なものを贈らないといったしきたりもあるので注意が必要です。形見分けには故人の供養という意味もあるので、このような事がきっかけで残された人同士の間でトラブルにならないように進めたいものです。